文字サイズ

過誤処理の質問

質問

過誤処理(請求明細書取下げ)とはどのような処理ですか。

「通常過誤」と「同月過誤」の違いについて教えてください。

同月過誤処理を行う場合、連合会にどのような書類を提出すればいいですか。

過誤決定通知書はどこで確認できますか。

 

 

 

 

 

回答

過誤処理(請求明細書取下げ)とはどのような処理ですか。

 ・「過誤処理(請求明細書取下げ)」とは、前月以前に支払確定となった請求情報(※1)に誤り等が
  あった場合に事業所が市町村等に申立てを行い、実績を取り下げるための処理のことです。

 ・過誤処理により、請求情報が取り消されるともに(※2)、過誤額(給付費)が当該月の事業所
  支払額から相殺されます。再請求が必要な場合は、過誤処理後、内容を修正した正しい請求を
  行ってください。

 ※1 請求明細書及びサービス提供実績記録票、計画相談支援給付費請求書等
 ※2 「サービス提供実績記録票」のみの取り下げはできません。
    「利用者負担上限額管理結果票」は、他の事業所にも影響するため取り下げされません。 

 ・また、再請求の提出時期によって「通常過誤」と「同月過誤」に分かれます。

 ・詳細については、<過誤処理>Q2を御参照ください。

「通常過誤」と「同月過誤」の違いについて教えてください。

 ・通常過誤・・・過誤処理月の翌月以降に、当該過誤処理に係る再請求を行います。

 ・同月過誤・・・過誤処理月と同一月に、当該過誤処理に係る再請求を行います。
         実地指導や指導監査等で一度に多数の過誤申立を行い、過誤額が当該月の事業所
         支払額を上回り支払決定額がマイナスとなるケース等で、それを解消するため、
         同一月に再請求を行う必要がある場合に行います。

 ※ 支払決定額がマイナスとならない場合は、なるべく通常過誤として処理をお願いします。

 

●通常過誤と同月過誤の比較

  

通常過誤

同月過誤

過誤申立

事業所は、市町村等と過誤処理の日程等を調整し、過誤申立ての依頼を行います。(申立て方法は、各市町村等に御確認ください。)

過誤処理

過誤処理月に、本会にて市町村等から送信された過誤申立情報を受け付けし、過誤処理を実施します。

過誤決定通知書の送付日

過誤処理を実施した月末の最終営業日に、支払通知書と一緒に送付いたします。

再請求方法

請求期間中に、通常請求と同様にインターネット請求で行ってください。

再請求月

過誤処理月の翌月以降
※過誤決定通知書確認後の再請求

過誤処理月と同一月
※過誤決定通知書確認前の再請求

過誤処理月の
支払決定額

当該月の事業所支払額 - 過誤額

当該月の事業所支払額 - 過誤額
+ 当該過誤に係る再請求分

本会への連絡

不要

必要
(電話受付あり)

提出物

なし

あり

事業所は、同月過誤を行う前月末日までに本会に電話連絡の上、必要書類を提出します(必要書類に関しては、<過誤処理>Q3を御参照ください)。

【参考】
 ・過誤処理については、「請求事務ハンドブック」内の「過誤申立」を御参照ください。
  本会ホームページの以下の場所に掲載しています。
  (ホーム > 障害福祉事業所の方 > 8 参考資料)

同月過誤処理を行う場合、連合会にどのような書類を提出すればいいですか。

 ・市町村等と調整後、本会へ御連絡ください。その後、必要な書類 ①同月過誤処理依頼書、
  ②同月過誤処理対象者市町村別合計表、③同月過誤処理対象者一覧表(内訳書)の3点
  本会あてに郵送してください。

【参考】
 ・同月過誤の取扱いについての説明や、当該書類の「様式」等は、本会ホームページの以下の場所に
  掲載しています。
  (ホーム > 障害福祉事業所の方 > 7 同月過誤)

過誤決定通知書はどこで確認できますか。

 ・過誤処理を実施した月末の最終営業日に、支払通知書と一緒に送付いたします。

 ・電子請求受付システムのログイン後の「照会一覧」から御確認ください。

 

ホームへ戻るホームへ戻る